公示情報とは、公的機関が広く公衆に周知されることを目的として情報を公開すること。情報を公開して周知を促すことを指します。

では、公的機関とはどういったものでしょうか。主に、国及び地方公共団体等のことを指します。一方で、広義な意味としては議会、教育委員会、図書館、外郭団体等の関係機関等、学校、病院、独立行政法人、公的なサービスを提供している企業も含まれます。つまり、噛み砕くと公開された情報として認められるもの、が対象になるというものです。

それらを纏めているのはマスメディアであることが一般的ですが、皆さんが普段目にしていることは一般紙と言われるものです。総合的にあらゆる時事ネタを取り扱い、政治・経済に限らず速報性のあるものを取り扱うことが特徴です。一般紙と双璧を為すのが業界新聞と呼ばれる専門紙です。専門紙とは、同じ産業にたずさわる同業者の社会、すなわち業界に関する出来事や話題を取材し、それをその業界のために報道することを目的として発行される新聞のことを指します。ジャンルは経済一般のものもありますし、あらゆる産業に及んでいます。発行形態としては日刊,隔日刊,週刊,旬刊,月刊などそれぞれわかれていますが、深い話が掲載されています。広く全体を知りたい場合には一般紙、深く知りたい項目が絞られている場合には専門紙と目的に合わせて使い分けたら良いでしょう。

そして、いずれも「正確な情報であること」が求められているため、そこに掲載されている一時情報を取得することはその後の選択のためにも重要な指標なのです。

カテゴリー: 基礎情報